オリックス銀行カードローン、審査で落ちたときに出来ること

オリックス銀行のカードローンは業界最低水準の金利なので、審査に落ちたからといって落ち込むことはありません。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちたときにとる行動は2つです。半年程度の時間をあけて、再チャレンジするか、諦めて別の会社に申し込むかです。

いずれにしても、なぜ審査に落ちたのかを考えることは重要です。その理由として多いのが、個人信用情報に傷がついているケースです。

オリックス銀行カードローンに申し込みをしようという人は、消費者金融などから借りている人は少ないと思われます。キャッシング枠のついているクレジットカードをたくさん持っている人は、これも借入件数1件として数えられますので、利用しない分は解約しておきましょう。もしくは、キャッシング枠をゼロにすればカードを解約するまでもありません。

クレジットカードの支払いでうっかり延滞をしてしまったとします。すると、個人信用情報に延滞の記録が残ってしまいます。その後24ヶ月間正常な支払いを続ければ、延滞の記録は押し出されて消えますが、まだ24ヶ月が経過していなければ、それが原因になっているかもしれません。

クレジットカードならば最短で24ヶ月で記録を消せますが、24回払いのローンなどでは一度延滞をしてしまうと、最長で7年残ってしまうので注意が必要です。

個人信用情報の傷が消えてから再度申し込みをするか、個人信用情報に対して柔軟な対応をする消費者金融などに申し込みをするようにするとよいでしょう。